Home> 日記: 2013年5月アーカイブ

日記: 2013年5月アーカイブ

尼崎都市・自治体問題研究所 理事 安田 ただし さん

  • 2013年5月18日 18:36
  • 日記

尼崎医療生協機関紙
「にじと健康」2008年1月号より引用
(ここから)

 1955年の東尼崎診療所建設、64年の東尼崎・潮江診療所建設、65年以降は民主保育園の建設、83年には喜楽苑(長洲)の建設に関わってきた安田義さん。
 労働組合の書記長をしていた1951(昭和26)年に東洋精機をレッドパージ※された後、「市民の目から民主勢力の姿が消えた。要求と運動の拠点づくりが大切」と、市民の生活と健康をまもる拠点としての診療所、共稼ぎ世帯の切実な願いであった保育所、全日自労(失業対策事業に従事していた労働者による労働組合)の「老後が心配」という声を受けた特別養護老人ホーム建設などに、関係団体や個人を束ねながら係わってきました。

※レッドパージとは:
 レッドパージ(red purge)は、第二次世界大戦後の1950年(昭和25年)から翌年にかけての日本において、連合国軍最高司令官総司令部マッカーサー総司令官の指令により、共産党員とシンパ(支持者)が公職や企業から次々に追放されたことを指す。1万を超える人々が失職した。

「民主運動に理論的裏づけを」と研究所つくる
 80年からは潮江再開発問題に係わり、88%を占める借地借家人や商売人がその地で生活し続けることができることを求め、当初案を白紙撤回させ、住民推薦の学者も入った検討会がつくられ、市営住宅併設の再開発を実現させました。
 有志とともに尼崎都市・自治体問題研究所を設立、安田さんは理事をされています。

走り回って半世紀
 さまざまな運動団体がある尼崎で、「提案型のまちづくりを拡げたい」と、地域と共生する商業研究(コア潮江など)、災害時要援護者の防災を考える運動(長洲)、常光寺小学校跡地利用検討......、まちづくりの運動のあるところに80歳を過ぎても元気に走り回る安田さんがいます。
(ここまで)

http://www.amagasaki.coop/nijiback/niji2008_01.html#200801_14

大阪の引揚者住宅

  • 2013年5月11日 14:52
  • 日記

ネット配信で膨大な記事から好きなものを見ればいいかと、気持ちが傾くことがあるがこんな記事を差し出されると、紙媒体の毎朝宅配に意義を感じるというものである。

「築60年「引揚者住宅」に20人 大阪府、年内退去迫る」

知らないことは多くて、こんなことが起こっているわけだ。

府は老朽化を理由にのころ20人程度になった住人への退去を通達したという。

平成24年度当初予算(政策的経費) 引揚者東貝塚住宅空家撤去事業

朝日の記事だけを見れば、「年寄りをいぢめるようなことをせずとも」と単調な感想だけが残るところである。

続けて「大阪 東貝塚 引揚者住宅」で検索をつけると、みっともない日本語の羅列でよく調べもせず無責任な放言がばらまかれており気持ちがわるい。
玉石混合、とはよく言ったものでその中にも目を留めるべきものもある。
・これまでの担当者が何となくほったらかしていたのがこんな形で
・跡地を何に開発するのやら
・老人ホームでも用意してあるのかしらん
・年寄りをいたづらに動かしたら弱る
・賃料を上げて最後までここにいさせてあげれば

私が思ったのは、跡地を何に開発するか?どのへん?ということだ。東貝塚の駅前をmapで見たところ、びっくりするような敷地にショッピングモールが見える。かつてのユニチカ貝塚があった場所だ。
引揚者住宅も、そういった類の再開発にかかる場所なのだろうか?今のところ、具体的な番地が判明しないので何とも言えないが可能性は高いだろう。

約9000万円の費用で、立退きさせて、いくらの値打ちがある場所なのだろう?
興味は尽きない。

Home> 日記: 2013年5月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top