Home> 日記: 2011年12月アーカイブ

日記: 2011年12月アーカイブ

ダウンジャケットのファスナー

  • 2011年12月27日 16:40
  • 日記

愛用のダウンジャケットさんですが、ファスナーに不具合が出てしまいました。
定石として、メーカーサイトに聞いてみました。
えらい早さで返事が来て驚きました。
残念、修理はしていないとのことです。
サイトで検索したところ、いろいろ出ています。
感心したのは、YKKのファスナーで「ファスナーの不具合」であれば責任をもって修理してくれるとか。

困ったことに、YKKでもなくて他を当たるとまたでてきた。ファスナーの不具合といってもいろいろのようで。

町のリフォーム屋さんとかに気軽に頼めるかというと、ダウンはそうもいかないということ。そうだろうな~と落胆してしまいました。
引き受けてくれるところも、それこそ「買うほうが安い」値段でしたわ。
安くなった家電製品と同じだとがっかりしました。

かといって指をくわえてあきらめたわけではありません。
教訓はありましたよ。
次に購入するときはYKKね。

懐かしいけれど、困ったこと。

  • 2011年12月20日 15:26
  • 日記

2,3カ月前から、フェイスブックで高校時代の友人と再会を果たしてやり取りをしていたのですが。
これがやや困っています。
記事をアップすると、コメントをつけてくれるのは嬉しいのですが、それに対するレスがないと、反応有るまでレスし続ける。
直接電話がかかった時は困りました。
疚しかったり都合悪いのではなく、私がそれを希望していないからです。

彼は自営業で、店番をせねばならずその場を離れることができないので、お客さんがいなければ手持無沙汰なのでしょうね。
しかしねえ、高校大学時代の頃と状況が同じではないことはマナーの問題で察してもらいたいようなコメントにはうんざりしています。

距離の取り方は難しいと思いますが、それができないならSNSやらFBは不可なのでしょうね。

当時は憎からぬ感情でいた仲でしたが、それはそのときのもの。今はステータスが全く違います。

なんだかもう、残念で仕方ありません。大事な記憶が当事者によって汚されるのは残念を通り越して腹立たしささえ感じます。そのことが残念ですね。
結論からいえば男とは、引きずる生き物なのだということでしょう。

総書記が死去

  • 2011年12月20日 10:38
  • 日記

北朝鮮の金正日総書記死去の報は、19日の昼休みにネットにゅうすで知りました。
「えっ!」と、声をあげた、久々のにゅうすでした。

まあ職場でしたから、それで終わりですけどね。

私の求めるレベルの話をする場所ではないので、ふたつみっつ、記事を眺めて終わりとなりました。

この頃職場のカヨコ嬢が、私の守備範囲の話をちょこちょこ振ってきて面白いです。

「Mさん、『わら一本の革命』ていうのをね、読んでいるところなのです」
何とかわいらしいことを振ってくれるカヨコ嬢。
「福岡先生の本かしら?」
カヨコ嬢びっくり、わたしニッコリ。
「Mさん、デンマークって、環境に対する考え方がしっかりしているのですってね」
まかせて頂戴カヨコさん。
「そうそう、風力発電が盛んでね。マイ風車のシステムがミソなの。風車のオーナーは、建設場所半径いくらの範囲に住んでいる人っていうシバリをかけているから...」
カヨコさん絶句!

人の悪口や、他事業所の方々への批判めいた大声にうんざりしている私とカヨコ嬢は、ふたりひっそりと高尚な話題で内面を磨いています。
レベルの低いことしか話せない人への愚痴も混じりますが、いつも締めは「自分はそうなっていないか、いつも振り返りましょうね」
です。
将来のあるカヨコ嬢には、あんなオバサンになってもらいたくないし、それは我が国の人材の損失以外の何物でもありません。

総書記の死亡にゅうすに、何のコメントもできない人たちに交じっても、話はあわせず、静かに黙って仕事をしてます。要するに、自分をコントロールも出来ずに仕事なんかできない、ってことでした。

いまさらフリース

  • 2011年12月19日 21:42
  • 日記

どうも私のところには、世間から著しく遅れて流行がやってきます。
You tube動画の鑑賞も、かなり遅かったし。
今ようやくうちに辿り着いているのは、フリースです。
寝巻をもういい加減入れ替えなくてはと、追い詰められてようやくこの前買いに行ったのがユニクロのフリース。
自分は比較的肌が敏感なほうに属していると信じているので、とくに直接身に着けるのはなるべく天然素材をと思っています。
なので、ポリエステルで出来ているフリースはアウターでも敬遠していたものでした。

ところで寝巻として購入したフリースは、ぢつに手触りのよい、私の既成概念を吹っ飛ばすものでした。

気持ちは良いのですが、羽毛布団を被って寝る習慣の私にとって、ポリエステルなど化学素材はどうなのよとまだ抵抗しておりました。暑くなりすぎるのではないかしらと心配でした。

結果は非常に快適で、こんなキショクええもんを、どうして今日まで遠ざけておったのかと絶句するばかりです。

この頃は、帰宅後一刻も早くフリースに着替えたいと、気が急くようになりました。

ことはじめ

  • 2011年12月10日 20:53
  • 日記

通常は12月13日らしいのですが、限りあるお休みを有効に使うために本日始めました。
まずは電球交換です。
もっとも、事始めではなく切れたのでやるしかなかったのが実際です。
洗面所の蛍光灯が終わってしまい、結構不便なんですよね。

それを言えば、食堂もずっと薄暗くてまずかったのです。
見れば片方がもうついていない、それは暗いはずでした。
職場では全館うろうろと切れた蛍光灯を交換して歩いていますのに、自宅はどうしたものか。
まあ面倒なのと、在庫がないのと、苦情がでないのと、ですね。

ともあれ、すかっと更新してさっぱりしました。ついでに子どもたちの部屋も良い機会なのでシーリングライトにしました。コーナンであれもこれもと沢山買い物をしてきたのも、自家用車を手に入れたからにほかなりません。

次の休みは何をしましょう、多分水回りか長年放置の各引き出しの整頓という名の廃棄だと思います。

やれやれ、片付けではなくてゴミ出しでしたか。

大学も大掃除笑

  • 2011年12月 9日 20:59
  • 日記

娘がじゃんけんに負けて、各クラブから2名出しての体育館大掃除とやらに参加することになったらしい。面白いことだと感心しました。
普段はおそらく、おそうじおばさんやらがしてくださっているのでしょうね。
うちの母も、市立体育館のおそうじおばさんをしています。
今の仕事の契約は3月までで、次の仕事はどうしようか悩ましいことだと話しております。
聞けば、家から近い、国立大学のお掃除とかの仕事もないわけでもないらしいです。

さて娘のほうは、昨年の人柱先輩の話によると「雨降ったら中止やで」とかで、先ほどから呪いの言葉
「雨中雨中~~」と連呼していますが、皆既月食の夜を控えて良いお天気と予報が嘲笑っています。

ま、年に1,2度、イベントみたいなもんで何でも楽しみに変えてくれば良いではありませんかと、人ごとなので笑っておきました。

スマホの効果音

心身ともに疲れ果てたので、スマホで遊ぶことにしました。
通話よりデータ通信で活躍しているhyzeroなので、メールの着信音を考えました。
いろいろサイトを浮遊して、win95の起動音を見つけました。
これでメールが届くたびに、改変された世界を何とかする気分になります。
鳴らしてみると、職場で鳴っても違和感がなくて良いです。パソコンの効果音なので馴染むのかしらと思いました。

Home> 日記: 2011年12月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top