Home> 日記: 2011年5月アーカイブ

日記: 2011年5月アーカイブ

ところで私の近況

  • 2011年5月28日 18:27
  • 日記

いやそれがですね。

やせました。

去年は59~60kgあった体重が、いま54~53kgです。

もうホンマに。

下腹部のでっぱりが私の悩みの種だったのですが、これが解消されました。

凄いですよ。

何をしたか?

ふふ、内緒。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

あかんたれの まお

  • 2011年5月28日 18:11
  • 日記

尻尾組の下の子達は、どの子も元気いっぱい可愛いのですが、3番目のまおはうえのふたりとはまた様子のちがう可愛さです。

まおはでれでれ、なぜなぜしてほしい、表情豊かな仔です。

うえのふたりは、非常に自立した(謎)黒猫なので、漫画に出てきそうなくにゃくにゃの態度のまおは、ほんとうにおもしろくも可愛らしい、いかにも末っ子といった仔です。

さてでれでれのまお、きょうはガス会社の検査のお兄さんがやってきました。

くろとへいは、別室にて待機してもらうことにしました。

無事に検査のお兄さんが帰られて、別室から解放されたくろとへい、ところがマオの姿が見えません。

非常点呼を取ってみますが、いません。お返事もしません。

何処だどこだと、たいして広くもない家を探すと、玄関収納のモノの陰に、小さくなって気配をけしているまおを発見!

知らないお兄さんが入ってきたので、こわかったみたい。

ねこもいろいろ、なんですね。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

xoops Legacy

  • 2011年5月24日 22:41
  • 日記

ロリポップのプランをデータベース5つも使える「チカッパ」にしたというのに、もうちっとも進まずにへこんでいたxoops legacy導入ができました。

ロリポップのマニュアルにある導入マニュアルでは、xoops_trust_pathの扱いが不案内、というか、私が理解できない状態だったのが原因の一つです。

あきらめて、旧xoopsのほう、Xoops Japanにある、ver2.5.1で行こうかしら、と捻ってみても旨くゆかず。PEKOさんはxoops_trust_path入れろと念を押すばかりで困っていました。

ようやくたどり着いたのは、

http://usadeki.jp/

「うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪ - 初心者さん、とにかくやってみよー」

です。

ここの、マニュアル通りに行くと、腹が立つぐらいあっさり導入できてしまいました。私のこの数日を返せ!!と叫びたくなるほど、粛々と、出来上がりました。

まったくもう、私に検索力が足りなかったということです。

体裁が整いましたらまた、報告することにします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

だれとでも定額で

  • 2011年5月24日 10:54
  • 日記

先日、実家の母と1時間ぐらいでしょうか、willcomのPHSどうし定額なのをいいことに、いつものようにどうでもいい話をししていました。

毎度下らない内容なので、「またね」と電話を切った途端、新規開業の事業所から怒気を含んだ声で電話が入ってきました。

まいったなぁ、少人数でやっている会社なので休日に電話が入るのは容認しているのですが。

これから7月にも2か所、秋以降の開設もわかっているので、類似のことが生じるだろうなと暗い気持ちになりました。

そこですかさず、willcomのサイトに行きました(笑)。

誰とでも定額をつけることで、もう一台使えることは知っていました。見ると、私の機種、料金コースにも「もう一台」いけるではありませんか。

これはありがたいです。

そのうえ♪まえから眺めていたXPLATEも、対象機種になっています。

まだありますよ、4月15日に青と桜が増えています。黒赤かっこいいのですが、桜綺麗ですよ。

プライベート用にしました。通話それもPHSと(短め)メールに特化した端末として、活躍を期待します。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

寄付ひとひねり

  • 2011年5月15日 07:31
  • 日記

隣のスギ薬局で、スギポイントを被災地に、というのをやっていました。

2900ポイントしてきました。

面白いと思ったのは、換金して云々にもうひとひねりしていることです。

ポイントなので景品に交換して、岩手県を通じて届ける。

景品は「お好きなものを」というのが面白いです。

義捐金、支援の行動、これらは車の両輪でどちらも大事です。

そこにもう一つ、「お好きなものと交換した景品で」という方法。

潤滑油というか、受け取る側にたてば、ちょっと心にゆとりが出る感じがするのですがいかがでしょう。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

私のしたいこと

  • 2011年5月10日 13:41
  • 日記

地震が起こって、原発があんなことになって、じつは、私にはしたいことがありまして。

中学時代に私を助けてくれた、塾の先生のことを調べたいのです。

彼の名前は「宇治田一也(うじたかずや)」さん。

当時は塾生としてしか先生を知らなかったのですが、年齢を重ねるにつれて先生のことを強く思うようになり、本当はどんな人であったのか思いが募る一方です。

先生は中学生相手に「エントロピーの法則」を解いたり、武者小路実篤「天与の花を咲かす喜び・・・」と吟じたりするのです。

その中で「石油が枯渇してエネルギー問題が生じる。なので原子力発電を推進せねばならぬ」という、当時一般的だった政策に真っ向から反論しました。

実際のエネルギー消費量を提示して、「この調子でいけば石油は余る」と言い切ったわけです。

夕方からの塾の授業以外、先生がどんなことをなさっていたのか知らずにいたことがつくづく悔やまれます。もし知っていてもまだ小さかった(中学生)私には、理解する能力が不足だったことでしょうが。

それでも、先生のところで語られたいろいろなことは、今の私を方向付けています。

生協に就職してしまったことや、その後は理事までするようになったのも、先生が直接のきっかけでしょう。

このたびの地震による原発事故の報道に接して、宇治田先生のお顔が記憶から呼び覚まされたのですから、多感な時期の経験とはまことに、重要なものですね。

いつからでもできただろうに、しなかった。

そして今日、「宇治田一也」で検索をして、ふたりのお方に、なんとメールしてしまいました。

すると、おひとりの方から即レスが。すいません名前間違えていました。

岡田真美子のHPにようこそ!

 もうおひと方は、高﨑裕士さん、「入浜権運動」でご活躍

入浜権運動公式サイト高崎裕士

岡田様のメールによると、来週は高﨑裕士様が訪ねてくるそうです。これには不思議な導きを感じます!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大阪ステーションシティ見てきた

  • 2011年5月 7日 18:18
  • 日記

2011年5月4日新しくなった大阪駅を見に行ってきました。

朝のうちに用事を済ませて、1年で最も爽やかで気持ちの良い午後を見物にあてて行ってきました。

こんな時は、近所に住んでいて良いなと実感します。

左はルクアの女性トイレに入る通路から見下ろした「時空の広場」の様子。

 

そこから左に目線を120度振ると、ヘップファイブと観覧車が見えます。

阪急もまだまだ工事をしております。

大阪駅を眼下に見下ろすスポットというのが少なかったと思うので、ノースゲートビルはなかなか、いろいろなファンを喜ばせるだろうと思います。

開業2日前に通りがかった時は内覧会をしておりまして、招待券を持っていなかったので入れませんでした。あとでラジオで「その場でメンバーズカードを申し込めば」入れたとか。

 

連休は仕事でしたので、ま、本日5月7日、まだほとぼりも冷めないところですが、ルクアの10階まであがってみました。

施設内は人人人で、まだゆっくり見る時期ではありませんでしたが、本日私が一番押したいのはこのスポットです。

ルクア10階~11階には展望デッキ「風の広場」があって、北ヤードを一望できます。さらに今日のような良いお天気だと北摂の街並みがずーーーっと見えます。

ベンチありデッキあり、御約束とも言わんばかりに、水の流れがあって当然子供が手を出しておりまして笑。西宮北口のガーデンズ上、球場跡の広場もそうですが、「水」はいいですね。

「サウスゲート」がまだなので、片手落ちな報告ですがまた行ってきます。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

父の日近し

  • 2011年5月 2日 12:15
  • 日記

正月に飲み過ぎたらしく、実家の父は酒煙草の制限がかかっていました。

自業自得ですが、「制限」で済んでよかったですよね。

検査の結果、状況は好転しておるそうで、「休肝日」と1回当たりの量制限でよろしいと先生がおっしゃったと嬉しそうでした。

というところで、父の日ギフトにアルコール系も候補に入れてあげましょう。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home> 日記: 2011年5月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top