Home> 日記 > 大阪の引揚者住宅

大阪の引揚者住宅

  • 2013年5月11日 14:52
  • 日記

ネット配信で膨大な記事から好きなものを見ればいいかと、気持ちが傾くことがあるがこんな記事を差し出されると、紙媒体の毎朝宅配に意義を感じるというものである。

「築60年「引揚者住宅」に20人 大阪府、年内退去迫る」

知らないことは多くて、こんなことが起こっているわけだ。

府は老朽化を理由にのころ20人程度になった住人への退去を通達したという。

平成24年度当初予算(政策的経費) 引揚者東貝塚住宅空家撤去事業

朝日の記事だけを見れば、「年寄りをいぢめるようなことをせずとも」と単調な感想だけが残るところである。

続けて「大阪 東貝塚 引揚者住宅」で検索をつけると、みっともない日本語の羅列でよく調べもせず無責任な放言がばらまかれており気持ちがわるい。
玉石混合、とはよく言ったものでその中にも目を留めるべきものもある。
・これまでの担当者が何となくほったらかしていたのがこんな形で
・跡地を何に開発するのやら
・老人ホームでも用意してあるのかしらん
・年寄りをいたづらに動かしたら弱る
・賃料を上げて最後までここにいさせてあげれば

私が思ったのは、跡地を何に開発するか?どのへん?ということだ。東貝塚の駅前をmapで見たところ、びっくりするような敷地にショッピングモールが見える。かつてのユニチカ貝塚があった場所だ。
引揚者住宅も、そういった類の再開発にかかる場所なのだろうか?今のところ、具体的な番地が判明しないので何とも言えないが可能性は高いだろう。

約9000万円の費用で、立退きさせて、いくらの値打ちがある場所なのだろう?
興味は尽きない。

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://rocket-port.com/mt/mt-tb.cgi/167
Listed below are links to weblogs that reference
大阪の引揚者住宅 from ダイニングルームのひとりごと

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 日記 > 大阪の引揚者住宅

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top