Home> 仕事がらみ > CD-rとCD-rw

CD-rとCD-rw

うちの職場の相方が、CD-rを初期化してくれた。
なんてことをするんだと、涙が出た。
CD-rwと区別がついていなかったのね。
行政への申請用にと買い求めたRは10枚全滅。。。。。

世の中の事務員はこんなレベルでよろしいのでしょうか。

師匠にショックのメールを差し上げたところ、コメントなしで
宮沢賢治の次の作品をくださったので、ここに書いおきましょう。
--------------
「みなさん。ながながお世話でした。苔さん。さよなら。さっきの歌を、
あとで一ぺんでも、うたって下さい。私の行くところは、こゝのやうに
明るい楽しいところではありません。けれども、私共は、みんな、自分
でできることをしなければなりません。さよなら。みなさん。」
--------------
「仕事なのだから憂鬱で当然」とは、何か書評で見かけたフレーズです。
楽しいことは仕事ではない、ってことですね。
にしても、どのあたりまでを初歩的な、と線引きをすればいいのかしらと、憂鬱になりました。

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://rocket-port.com/mt/mt-tb.cgi/60
Listed below are links to weblogs that reference
CD-rとCD-rw from ダイニングルームのひとりごと

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 仕事がらみ > CD-rとCD-rw

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top