Home> 日記 > 私のしたいこと

私のしたいこと

  • 2011年5月10日 13:41
  • 日記

地震が起こって、原発があんなことになって、じつは、私にはしたいことがありまして。

中学時代に私を助けてくれた、塾の先生のことを調べたいのです。

彼の名前は「宇治田一也(うじたかずや)」さん。

当時は塾生としてしか先生を知らなかったのですが、年齢を重ねるにつれて先生のことを強く思うようになり、本当はどんな人であったのか思いが募る一方です。

先生は中学生相手に「エントロピーの法則」を解いたり、武者小路実篤「天与の花を咲かす喜び・・・」と吟じたりするのです。

その中で「石油が枯渇してエネルギー問題が生じる。なので原子力発電を推進せねばならぬ」という、当時一般的だった政策に真っ向から反論しました。

実際のエネルギー消費量を提示して、「この調子でいけば石油は余る」と言い切ったわけです。

夕方からの塾の授業以外、先生がどんなことをなさっていたのか知らずにいたことがつくづく悔やまれます。もし知っていてもまだ小さかった(中学生)私には、理解する能力が不足だったことでしょうが。

それでも、先生のところで語られたいろいろなことは、今の私を方向付けています。

生協に就職してしまったことや、その後は理事までするようになったのも、先生が直接のきっかけでしょう。

このたびの地震による原発事故の報道に接して、宇治田先生のお顔が記憶から呼び覚まされたのですから、多感な時期の経験とはまことに、重要なものですね。

いつからでもできただろうに、しなかった。

そして今日、「宇治田一也」で検索をして、ふたりのお方に、なんとメールしてしまいました。

すると、おひとりの方から即レスが。すいません名前間違えていました。

岡田真美子のHPにようこそ!

 もうおひと方は、高﨑裕士さん、「入浜権運動」でご活躍

入浜権運動公式サイト高崎裕士

岡田様のメールによると、来週は高﨑裕士様が訪ねてくるそうです。これには不思議な導きを感じます!

Index of all entries

Home> 日記 > 私のしたいこと

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top