Home> 日記 > 2次に向けて

2次に向けて

  • 2011年1月22日 18:30
  • 日記

第1志望の判定は厳しいものでした。得意の科目で、よりによって本番でしくじってしまったようです。

サア、どうする、といっても思案する時間は今日と明日まで。いつまでも悩んでいられない、勉強する時間が刻々と減るだけ。

18歳の試練。

まだ、一人で決断するのは酷かもしれないと思う。助言は必要だろう。でも受験するのは自分だから、結論は自分で出さなくてはならない。でなければ「あのときお母さんが言うたから・・・」などとなりかねない。

たとえ望みがかなわなくても、自分で導きだした結果は受け入れられる。人に与えられたら、逃げる。

それに、45歳になって言えることは、18での失敗はまだまだ、取り戻せるしそれもあなたに与えられたものだよ、ということ。もちろん、私も18のころには理解できなかったし、そんなことわからなかった。

面談で淡々と語りかける担任の先生のご様子に、感じるものが凄く有った。心を鬼にして「現状では第1志望は多分通らない」と仰った。辛かっただろうなと、思った。

そういうことに気持ちが行く自分に、少し驚いて、私って、冷たい母かしらとも思ったりもした。

しかし先生のおっしゃるのは、「悩んで立ち止まって、しゃがみこんでいる暇はないぞ。前に進め」との強烈なメッセージだと受け取った。

しんどいのはあなただけではない、全国で同じ思いをしている沢山の18歳がいる。ひとりじゃないんだよ。

もう、進むしかないでしょう。行きましょう、一緒に行きます。

Index of all entries

Home> 日記 > 2次に向けて

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top