Home> 日記 > ノーベル平和賞

ノーベル平和賞

  • 2009年10月 9日 22:51
  • 日記

当然と言えば当然、しかし新鮮な驚きを以て受け止めたアメリカ合衆国大統領、バラク・オバマのノーベル平和賞受賞。

授賞理由の全文を「アサヒコム」から引用します。

-----(ここから)-----

オバマ大統領 ノーベル平和賞授賞理由の全文

2009年10月9日19時22分   

 ノルウェー・ノーベル賞委員会は、09年の平和賞をバラク・オバマ米大統領に授与することを決定した。彼は多国間外交と諸国の人々の協力を強化することに並はずれた努力をした。委員会はとりわけ、オバマ氏の核なき世界についての理念や取り組みを重視する。

 

 オバマ氏は、大統領として国際政治の中で新たな機運を作り出した。国連やその他の国際機関が果たすことのできる役割を主張したことで、多国間外交は、中心的な位置を取り戻した。最も困難な国際紛争を解決する手段として、対話と交渉が優先されるようになった。核なき世界の理念は、軍縮や軍備管理交渉に力強い刺激を与えた。オバマ氏の主導のおかげで、世界が直面する気候変動の挑戦に立ち向かう上で、米国はこれまでより建設的な役割を果たしている。民主主義と人権も強化されるだろう。

 オバマ氏ほど、よりよい未来への希望を人々に与え、世界の注目を引きつけた個人はまれだ。オバマ氏の外交は、世界を指導すべき者たちは、世界中の人々の大半が共有する価値や態度を基盤にして導かなければならないという考えに基づいている。

 108年にわたって、委員会はまさにそのような国際的な政策や態度を促進することを目指してきたが、まさに今、オバマ氏がその政策の、世界を率いるスポークスマンになっている。委員会は、オバマ氏が「今こそ、私たち全員が、グローバルな課題に対してグローバルな対応をとる責任を分かち合うべき時だ」と強調していることを支持する。

-----(ここまで)-----

Index of all entries

Home> 日記 > ノーベル平和賞

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top