Home> サブカル系 > 銀魂です

銀魂です

娘が仕入れてきた作品です。

ご存知の方もあろうかと思いますが、少年ジャンプ連載の少年マンガでございます。

何のハズミか興味関心を抱いてしまいました。もっぱら動画を楽しんでいます、You tubeにて。

そういえば少し前は、黒つながりなど申しまして「黒執事」を話題にしたこともございます。

今のところ我が家のサブカル担当、高校生になった娘のコノミで結構楽しんでいます。

それで、どうしましょう、と思ったのですがブログにカテゴリーを増やす程度で感じたことや気が付いたことを目盛っておくことにしました。シュフ専業などしていたらば、迷わず新サイトを立てちゃっているところでした。ああ恐ろしい。

 

主人公の坂田銀時に魅力を感じる理由は、割と簡単。艇長と一緒で挫折を味わった人であること。

宇宙からの侵略を防げずに、侍の国を守れなかった銀時たち。それでも心にまっすぐ折れない大事なものは手放していない。

面白いのは、銀時が絶対的な主人公かといえば必ずしもそんなこともないところ。各キャラにはそれぞれ事情があって、まったく銀時が登場しない物語だってあること。敵役が固定しているかといえば、これもまったく違う。そのうえ、いわゆる勧善懲悪でもないし、目指すゴール、ストーリー性も、明快に見えるものでもない。これはRPGが影響していると、おもいます。

「こち亀」の両津さんの跡目を狙うのは、もしや「銀魂」ではないかしらとさえ、思ってしまう。両さんと銀さん、似てるでしょう。

ああそれと、動画で重要なことといえば配役。銀時役の杉田トモカズ氏、いいですよ。土方役の中井さんはワッカ君や百目木も当てていました。もっともはまっているのはやはり神楽ちゃんですね。

予想通り、銀魂のサイトは恐怖の2次創作にさらされています。わかるのですが、やはりそれは気持ち悪いなと感じています。同居人神楽の銀時への思いが、平べったい恋愛感で表現されてしまっているのは残念。ただの恋なら、ああまで銀時の前で毒舌よろしく包み隠さず、ゲロまで吐くだろうかしら??おばけが怖くて、落し物を取りに行くときあんなにみっともなく神楽を頼るでしょうかねぇ。

作品がすでに2次創作に片足を突っ込んでいるような楽しさで、アマチュアの出る幕なし!!
なんてことを思う年頃なのですよ。

それでは誰から参りましょうか。

 

Index of all entries

Home> サブカル系 > 銀魂です

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top