Home> 日記 > 世界が騒々しい

世界が騒々しい

  • 2009年7月12日 07:32
  • 日記

隣国中国では、新疆ウィグル自治区で流血の惨事。今朝の朝日一面で報道されている、アメリカ五大湖に迫る中国産魚の記事となんだか妙にリンクしていたのが印象的だった。辺境の地でも漢族はすごい勢いで増殖して生態系を乱しているらしい。

41歳の男が自分の人生がうまく行かないことを誰かに八つ当たりしたく、近所のパチンコ店に火をつけて4人を焼き殺した。そんなに人生がイヤで、もうやめたいなら自分がガソリンをかぶってライターをしゅぼっとすればいいのに。こんなことで命を落とした方々に同情。

先日手に取った書籍「宮中賢所物語」にみた内掌典のことは、いまどきの民間女性が皇太子妃をすれば病気になるのは当たり前と知るきっかけとなった。あれ、本当に、実話なのかしらん、というほどのインパクトだった。女性週刊誌の広告に、天皇が皇太子妃に「別居離婚申し入れか」、などという衝撃的なものもあったが「かもしれない」なんて思ってしまえる。

夏の高校野球地方大会で、保護者が運転するマイクロバスが事故を起こして生徒1人が死亡した。とくに野球は親の介入が気色悪い。息子の剣道部(中学)でさえ、試合会場まで車を出して道具を運んでやるとか。先日も姫路に試合に行く際、保護者の車で出かけた。乗せてほしくないと念じたが、それが当然とでも想っている親たちには届かない。事故でも起こしたらどのような責任を取れるのだろう。

 隣家の常識はずれの行動に閉口。1戸建てと油断しているようだが、こんな狭い敷地で夜通し宴会をすれば騒音は必至だ。近所の噂では西●花2丁目の有名な都市型部落の出身だと。同和教育を受けてきた世代ではあるが、かように周辺と異なる行動をとって平気なところが、偏見を拭い去れない理由と実感する。他のほとんど多くの同和地区出身者はきちんとしても、ほんの一握りの心無い人がいると、言われなくてもよいことも言われる。どんな組織でもそれは同じ。でも迷惑なので塩まじないをすることにした。

かくも世界は騒々しい。

Index of all entries

Home> 日記 > 世界が騒々しい

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top