Home> 日記 > ずっと見ていたドイツ国旗

ずっと見ていたドイツ国旗

  • 2009年7月 5日 10:08
  • 日記

今週は土日が連休で、息子は試合ということもありムスメと二人の休日。

買い物もあり、外出したので、もう何年も想っていたドイツ料理店でランチしてきました。

ELNA ADRIARN

090704-01

これは「ドイツの焼きソーセージ」。ランチメニューなのでスープとパンがついて1,100円です。ふたりとも「冷たいかぼちゃのスープ」をいただきました。

ムスメは、スープだけで3時間ぐらい食べていたいものだ、などと感想を述べていました。

ELNA ADRIARN ドイツパン

ドイツパンは素朴な味わい、これは2人前です。

神戸方面に出かけることが多かった頃から、いつも車窓に見ていたドイツ国旗を掲げた建物。レストランとわかってから行ってみたいと願って、ようやくかないました。通学の車窓から見ていたムスメも気にしていたようで、とても喜びました。

面白いと思ったのは、「高校生が連れ立って来店してはイケナイ感じだったわ、大学生になったらみんなでいけるようにバイトしよっ」と言ったこと。お店の雰囲気や格を実感できるのねと感心しました。

普段からあまり外食はしない我が家で、してもせいぜいマックなどチェーンのお店だったのは子供が小さかったから、収入がなかったから。

ようやくムスメが高校生になり、こういう楽しみをできるようになり嬉しい限りです。中学生の息子もアトピーを克服して、そろそろお行儀を教えるためにも、ぼつぼつ同伴できる店を探す楽しみができてきました。楽しく食事をする、雰囲気を考えた行動、適切な注文、マナーを学ぶ、自然にできるようにならないのですね。これらのことも家庭教育の一環なのです。

Index of all entries

Home> 日記 > ずっと見ていたドイツ国旗

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top