Home> 日記 > 「刑事一代」

「刑事一代」

  • 2009年6月22日 16:17
  • 日記

テレビ朝日の50周年記念番組を2夜連続で見た。

主演は大好きな渡辺謙さん、監督はこの前「点と線」をビートたけしさんで撮った、石橋冠さん。

今回も予想通り、昭和の風景が忠実に再現されていました。

今回は内容などに興味はなく(笑)、謙さんのことだけをジッと見つめていました。

NHK連続テレビ小説「はね駒」に出演したときから、なんて素敵な俳優さんだとマークし続けて現在に至っているのが謙さん。

急性骨髄性白血病で「天と地と」の主演を逃しながらも、命を取り留めた謙さん。代役を引き当てた榎木孝明さんも男前でした。

私生活で大変だったときも、じっと黙って耐えていた謙さん。

謙さんの何がよろしい、て、年毎にちゃんとおっさんになっていくところ、と申しておきましょう。どんどんおでこが広くなっていくのをそのままさらしているところが、魅力です。

とつとつと、東北の訛りでぽろりぽろり喋っているところ、大人気ないほど全力で怒りを顕わにするところ、謙さんは見るたびに新たな魅力を見せ付けてくれる、素敵な俳優さん、です。

 

http://www.tv-asahi.co.jp/ichidai/index.html

Index of all entries

Home> 日記 > 「刑事一代」

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top