Home> 日記 > ついにガサ入れ

ついにガサ入れ

  • 2009年3月30日 08:28
  • 日記

2階の階段横物入れコーナーは、2003年春に引っ越してきたときのまま今日に至る場所として私の悩みの種の一つだった。

くしゃみがでてしんどいので、この時期に埃舞うことはしたくはないのだが、この思いがけない春休みに「えいやっ!」とやっつけることに成功したので目盛っておくことにする。

処分したのは長年持ち歩いていた年賀状の束。使用済みの銀行や郵便の通帳。引越しのたびにかわるトイレの便座カバー類。蚊取り線香は網戸完備のこの家にはもういらないものなのに、中途半端に残っていたもの。理事を辞めた時に書類や資料は捨てればいいのに、とりあえず放り込んであったのでそこにあることも忘れていたり。

年賀状は保存一年と決めた。通帳類も保存は1冊。業種が変わったら不要と判断して、書類だ資料だはすぐ捨てる。残すものはデータにする。

これまでは転勤のときに何に限らず、いる、いらないの決断を迫られたから溜まらなかっただけ。今後は気をつけていないと、ヘルパー研修でみたように「物に占拠された」暮らし一直線だと肝に銘じた。

次のターゲットは玄関収納。思い出のアルバムやめったに使わないものを毎日使いの場所に放置している怠慢を改革しようと思う。

Index of all entries

Home> 日記 > ついにガサ入れ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top