Home> ネタ > 走行車線

走行車線

  • 2008年12月 1日 17:43
  • ネタ
毎日車で往復すると考えることがある。
右車線を低速で行く車。
一般道なら仕方ないこともあるが、有料道路で「それはないだろう」。
経験の少ない場合、つい、右に出てしまって左に戻りそびれて、ということはあるだろうね。
お急ぎの方には、それを許容できる余裕がないことを知らねばならない。

高速道路とはいえ、制限速度の表示がある。阪神高速は一般国道ではなく有料道路扱いなので80キロが制限なのだ。しかし右側は追い越し車線であることはお約束。

法律に触れるかもしれないが事実として述べれば「このあたりはアベレージこれくらい」と暗黙の了解もある。他府県、遠方ナンバーの車によってはお気づきにならずに走っておられることもある。デモ思う、こわくないのかなぁ~って。

近頃はナンバープレートの番号ね、あれを選ぶことができたりするのでいいですよ。イカツイ外車で「神戸・・ ・・・1」とかが近寄ってきたら、「別の法律でお暮らしになっておられる、自由業の御方ですね」と道を譲ればよろしい。イカツイ外車でなくてもぞろ目のいっちゃってる国産車だったりすると、「走りたくてたまんね~~人」と見分けることができる。運転技術なんて大して変わりないんだから、もしトラブったりでもしたら面倒だよ。ぎゃ~っと走り去った先で横転してたりして(いっかい見たことある、やっぱり毎日往復しているといろいろあるもので)。

流れに乗って、空気をよんで、それってどうかとも思うけど不要な摩擦、避けられることなら、先に行ってもらえばよろしいと此の頃は思うようにしている。

Index of all entries

Home> ネタ > 走行車線

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top