Home> 日記 > 上野千鶴子先生に

上野千鶴子先生に

  • 2008年8月21日 17:49
  • 日記

あえることになりました。
6月から浅野史郎先生とは近しくご挨拶などさせてもらっていますが、超大物の講演会、ただで行ってきます。
「おひとりさまの老後」
住宅事業関連で、9月の終わりに♪
専攻も国際関係だったので、在学中はご縁ありませんでした。社会福祉方面であれば今の職に直結したかもしれないなと、思ったりしています。まあそんな先のこと、誰もわからないし。その当時には、当事者意識も勿論なかったので、仕方ありません。

結婚などして、老人介護方面のモロ当事者になって初めて、関心のアンテナが立つというものです。
2組の夫婦で(うちと、弟夫婦)でつごう6名の老人のことを考えなければなりません。
兄弟の数からするとあと2人、「おひとりさま」で「パラサイト」してやがる男がいるがこいつらは宛てにならん。
姑が独身の息子を連れ戻してご機嫌で世話を焼いている。
これがいちばん困っていることだ。
そのうえ、夫と私は当の昔に人間関係が破綻している。何も考えていない男どもに、困っている。結論は出ていますよ、「わたしゃ知らん」。しかしそれを男どもが理解できないだろうから、うっとぉしい。姑ももうそこまで見えてきている将来を、わざと見ていないのかなぁと思うしかない様子だ、
わたしゃ、知らんですよ。念のため。

Index of all entries

Home> 日記 > 上野千鶴子先生に

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top