Home> 日記 > 「感染爆発」ふたたび

「感染爆発」ふたたび

  • 2008年1月13日 14:04
  • 日記

かれこれ2年ぐらい前になるか、書籍「感染爆発」を紹介した。
この内容を昨日1月12日(土)よる、NHKがドラマ仕立てで取り上げていたのを見た。
書籍の読後感想は、消費者のニーズに応える大量生産と、南北間格差がH5N1強毒性の発生を促した、であった。
今回ドラマを見た感想としては、わが国のありようについての強い危機感を第一に挙げたい。
パンデミックの知識はどのセクションにもあるのに、非常事態宣言を出す権限が現場にはない。


インフルエンザで死ぬよりも、この国の危機管理能力のなさに、殺される。
このドラマは、そう言いたかったのかもしれない。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 日記 > 「感染爆発」ふたたび

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top