Home> 日記 > 豚肉を「牛肉」と偽ったミンチ

豚肉を「牛肉」と偽ったミンチ

  • 2007年6月22日 18:45
  • 日記

心臓や肝臓を混ぜれば見た目はわからないそうです。
日本生協連も長いことだまされていたようです。「儲かればそれでいい」という生産者を放置した責任が問われます。

それは生協に「儲かれば」に走った流れがある証拠です。
儲けは必要ですが、その課程をどうするかの意思一致が消費者と生産者、間にたつ生協に欠けているとこうなる。
儲けのためにどんな投資をするか、そこが生協には抜け落ちている。
活動をやればいいという空気で窒息しそうになった。
何のための活動であるか、明確に持ち続けたいものです。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 日記 > 豚肉を「牛肉」と偽ったミンチ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top