Home> 日記 > 家族の事件報道

家族の事件報道

  • 2006年6月23日 15:35
  • 日記

4月と5月に2軒となりの家の子が死んだり殺されたりした事件があって、暗い気持ち担っていたら今度は、高校生の男子生徒が母と弟妹を焼き殺してしまった。それだけではない、家族による家族殺しの事件がいくらでも報道される。
どうしてしまったのだろう?
「もうやめたい」という気持ちなのかな。会話能力のなさと、重要性に気づいていないことが原因かなと、私の見解。

自分以外に対して、あまりに冷たい世の中。ごく身近な家族の中にも、そういう人がいる。
「家族に波風立てたくない、おれがガマンしてうまくいくなら」と言うので、「ならアナタヒトリ一生がまんしな」と言い放っといた。なんか、家族というものに幻想を抱いているようだ。時間の問題のようだが、辞める根性もないんだから。ガマンしているのは自分ひとり、自分中心、なのよねぇ。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 日記 > 家族の事件報道

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top