Home> 日記 > ライブドア大騒動

ライブドア大騒動

  • 2006年1月19日 17:49
  • 日記

まあなんか、いろいろになっていますが一番面白いのはライブドアのサイトです。行って御覧なさい、ニュースのところではしっかり自社のニュースを出していますから。ここに、パブリックジャーナリストからの投稿も入れてあるのですごく面白い。
粉飾決済とか、法律に触れたところもあるけれど決定的に言えることは「転んでもタダでは起きない」。もう、ど根性を見せてもらっています。
「ホリエモン泣き言たいへんなことに」というのがすごくよろしい。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1645150/detail?rd
ピーチ・ジョンの野口美佳社長のブログとともにアクセスが込み合っているようで。世間の関心の高さがうかがえます。私も野口社長と同意見で、堀江氏がんばれのクチです。既得権にしがみついているヒトタチに後ろから撃たれたカッコウの堀江氏。何か新しいことをするときに、初めてするヒトってこうなんでしょう。
司馬遼太郎「竜馬がゆく」で、同じようなことが出てきます。竜馬は旧体制を取り壊してしまったが、狙いは何だったか?世界に目が向いた青年にとって、幕府や政府は「邪魔」だったよう。日本初の「かんぱにー」を立ち上げて一番邪魔になったのが幕府だった。旧態然とした感覚からそう簡単に頭を切り替えられるわけないから。海外と商売したかった竜馬さんとしては、規制緩和する様子は全然ないし、窮屈だったことでしょう。資金調達したくて「もぉいいや!」って感じで明治政府には入らなかったようです。結果として、誰とはわからないのですが33歳の若さで暗殺されちゃった。あらら、堀江氏も33歳!?

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 日記 > ライブドア大騒動

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top