Home> 日記 > NHKのスクランブル放送

NHKのスクランブル放送

  • 2005年12月 6日 08:37
  • 日記


受信料を支払った人にのみ視聴させるスクランブル放送を考えているって、ん~これはいかん。NHKは国民の義務ではなくて権利として機能すべきメディアなんよ。

NHKはさ、国民が受信料というかたちでお金をだしあって、どこのスポンサーの意向にも押されず、中立な放送をし続けることのできる唯一の放送局なのよね。国営放送とか言われちゃうことがあるけど、ちょっと違う。民放はどこかスポンサーをつけることで、資金調達をする。たとえば洗剤。主婦層がよく見ている時間帯のスポンサーは多いよ。そしたら合成洗剤の宣伝、やっぱりするよね。間違っても、ワイドショーでは環境ホルモンのことは取り上げないというのはこういうことなのよ。
だから、受信料を払わない権利もあるけど、閉ざしてしまうというのはどうだろう?国民の権利なんだけどなぁ。NHK。
(asaho.com より引用)
6日にある政府の経済財政諮問会議で、規制改革・民間開放推進会議の宮内義彦議長(オリックス会長)がNHKの視聴を受信料を支払った世帯だけに限る「スクランブル化(有料放送化)」を提案することが明らかになった。スクランブル化すれば受信料制度が大きく変わることになり、経営形態の論議にも影響を与える可能性がある。 (ここまで)

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 日記 > NHKのスクランブル放送

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top