2016年5月アーカイブ

大阪弁護士会館にて、大きな催しがありました。
3月にキャスターを降板(させられた?)した、国谷裕子さんが登場する講演会です。
基調講演は憲法学者の木村草太さんなのですが、集まった1,100人の観客の目当ては第2部対談に決まっています。
すいません木村さん。
しかしこの度の国谷さん降板の件は、誰も言わないだけで権力側からの圧があったと思わないわけがないのです。古館氏もそうだと感じています。
だからこそ、危機感を以て、たくさんの人たちが講演に足を運んだのです。
憲法記念行事「憲法という希望」

きのうは心斎橋NEKO Republic偵察~カトリック玉造教会~真田丸(三光神社・心眼寺)とまわって、三光神社のうえ?にある陸軍墓地に伺ってきました。

真田山陸軍墓地

写真

上町台地の高低差を歩く・三光神社・旧真田山陸軍墓地
新之介( jusojin )さんのブログ

NPO法人旧真田山陸軍墓地とその保存を考える会より引用
(引用ここから)
1871(明治4)年に大阪真田山が陸軍御用地となり埋葬地となる。あわせて祭魂社を設けることが許可される(招魂社として実現)。
(ここまで)
全国にははじめ東京、大阪、鎮西、東北の4か所に「鎮台」が設置され、徴兵制が敷かれ「師団」への改組で廃止されました。

西南戦争、日清日露、第1次、第2次大戦で戦死、病死した兵隊、そして俘虜のお墓が並びます。
第2次大戦の敗戦で、国は大阪市に無償貸与という名の「まるなげ」。これが戦争に負けるということなのかと哀しくなりました。
そこは大阪のひとたち、荒れるに任せる墓地を放っておけるわけがなく、四天王寺管長田村徳海など有志がが中心となり行政の後援をうけ、お墓をお護りするようになったとのことです。

戦前の遺物だとか、軍国主義への回帰とか、意見は様々ですが、1945年からの70年、墓碑は増えていません。

アジア諸国が黙っていないかもしれませんが、ここに眠る人たちは国の方針で命を落としたのですから敬意を以て接するのが正当だと考えます。
なにより、いまだシベリアに、海の底に、密林の奥に、誰も迎えに来てくれない、おうちに帰れない兵隊がいったい何人いるのかすらわからない。入植したさきから撤退する道すがら、守る軍もなく命を落とした民間人もいったいどれだけいたのか、わからないという凄惨さを忘れてはいけないのです。
弔いも祈りもなく、打ち捨てられた夥しいいのち。

なにより、いまだに世界のあちこちでは、理不尽な死が横行している。

真田山に眠る兵隊さんたちは、どんな思いで今の世を見ておられるだろう?軍の墓地はここが最後になるように、いまを生かされている私たちは行動を以て示すだけ。


ほんまにもう、こんな遊びは早くやめた方がいいのです。調子に乗って、同じルートを季節を代えて、とか絶対言い出します。 とくに!これから梅雨時は、雨降りの日の娯楽として最適だと思うのですよね。

今回のルートは大阪→尼崎京都奈良編です。

このルートは「万葉まほろば線(桜井線)」が30分に1本と、桜井⇒高田が昼は1時間に1本なのがネックです。

ほかは適当にやってくるので、好きにできます。

王子駅はご覧のとおりいい感じでカーブを切っていますので、撮り鉄の好きな場所です。 かつては優等列車が走ったり、イベントで思いがけない列車が入ってきたようです。 よく見かける221系がJR難波やら環状線を経由して大阪、京橋までぐるっと走ります。

かつて貨物華やかなりし頃、ここも沢山の車両が行き交い、久宝寺と並んでにぎやかであったことでしょう。

9時半ごろに大阪を出て所要約5時間、距離は169.7キロでした。


春と秋に京都の「非公開文化財」を見せてくれる行事に行ってきました。
http://www.kobunka.com/
今回は伏見稲荷で棟方志巧の書が初公開とあったので、これにしました。
圧倒する神の一筆 伏見稲荷大社
伏見稲荷はこのところ外国人観光客来場数で、トップに躍り出た人気スポットです。
JR駅前すぐの立地、色鮮やかで見るものを圧倒する鳥居、御使いの白狐の愛らしさ、何とも分かり易く広々と、そして拝観無料の太っ腹が受けているのでしょうね。
せっかく電車代まで使ってやってきましたので、文化財を見る前にお社をひとまわりだと、観光客の流れに身を任せたところ、あっさりと千本鳥居に連れて行かれてしまいました。
下調べなしで訪問するのが私のパターンなので、文化財はどこかいな?と探すうちにこんなことになってしまったのです。
ところが、これが思いがけない出会いにつながるので不思議です。
伏見神寶神社(ふしみかんだからじんじゃ)
http://www.ryuss2.pvsa.mmrs.jp/ryu-iware/kyoto-2015/kandakarajinja.htm


正直言って、こんなことが無ければ生涯訪ねていくこともないだろうお社です。

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。