尼崎には素戔嗚神社がたくさんある。

| コメント(0) | トラックバック(0)

人間がさんざんにつくりかえた風景にあっても、氏神様の場所は、狭くて申し訳なくとも、時代によってちょっと場所がえを頼んでも、やっぱり「そこにある」のが喜ばしいなと思います。
神様としてはさぞかし狭く、空気もよごれ、だいたいから「うるさいよ」と嘆いていることでしょう。
それどころか、手水なんセンサー式になっちゃっているではありませんか!いいのかなぁ。
ま、車いすのためにバリアフリーの施された様子と、どこがかわるか、悪いことでもないと思うのは信心が足りない証拠かも、なんて思ってしまいます。

気にしなければ気が付かないのですが、この辺りは素戔嗚神社がたくさんあります。犯人はどうやらお館様こと織田信長さんだったようですよ。
この辺りになぜか多い「素盞嗚神社」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rocket-port.com/mt/mt-tb.cgi/201

コメントする

このブログ記事について

このページは、mazbaが2016年4月 5日 17:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大庄の楠霊神社」です。

次のブログ記事は「桜にあきたら飛行機」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。