2016年4月アーカイブ

Now Behold the Lamb

| コメント(0) | トラックバック(0)

Youtubeにリンク

Now Behold The Lamb@YouTubeさんから

You Are Good - Greg Kirkland & "The Gospel" Choir, "The Gospel Soundtrac... @YouTubeさんから

かねてから願っていたことをまた一つ、叶えることができました。
時が満ちた
そう思って飛び込みました。

阪神チャペルセンター 第2・4日曜日にレッスンがあります。
グローリアス・ゴスペル教室

講師のYUCOさんのホームベースはこちら。
甲子園プレイズチャーチ

かねてから狙ってはいたのですが、やっぱり実行するのは気恥ずかしいと躊躇っていたことです。
(引用ここから)
大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の特例
下図のそれぞれの大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。
重複しない限り乗車経路は自由に選べますが、途中下車はできません。途中で下車される場合は、実際に乗車された区間の運賃と比較して不足している場合はその差額をいただきます。
(ここまで)


JR西日本おでかけネットより

最寄駅立花から一駅の尼崎に行くのに、120円支払って2分もあれば到着するところですが・・・
立花~三宮~加古川~谷川~尼崎
これでも120円です。実質営業距離は180キロを超えます(笑)。
じつは、今日のしょうもない乗り鉄子のルートはなかなか大変なものなのです。
1995年阪神大震災の時、交通の大動脈である神戸線は寸断されました。須磨~甲子園口が不通となったのです。
しかし物流の最重要エリアでもあったことから、わずか74日で復旧したのです。
それでもこの重要エリアが74日もの間不通だったとき、福知山線と加古川線、播但線が代替えを担います。

若いころからできなかったことの一つ。血圧低いHb低いで、献血はしたかったのですができませんでした。学校の朝礼でぱたりと斃れるクチでしたので、情けないことにダメでした。
職場の健康診断でも、どうにも数値は低く、ドクターからも「貧血を軽く考えてはいけない、どっかから血ぃが逃げているとしたらちゃんと調べてアレしなさい」と毎年指摘を受けていました。
アレすることなく、それでもちょっと健診の数字が上向いたのをいいことに、献血ルームに出向いて2度の返り討ち。
たしかにHb低いのは問題だわと、鉄分サプリを飲んで、運動もして。
1月に仕事を辞めてからわかったのですが、ものすごく体が疲れていたことに。
気持ちはあっても体が動かない、退職してから3か月ぐらいは事実上の休養期間となりました。


港で船と銅像を見て、おむすびを食べるだけでは芸がございません。
いつぞやネットで眺めていたことを思い出した、私はえらいと思います。
三宮があるのだから他にもありそう、そうです、あります。一宮から八宮まであります。
生田神社の「生田裔神八社」のこと。


wiki先生によると
(引用ここから)
生田裔神八社(いくたえいしんはちしゃ)とは、兵庫県神戸市の生田神社を囲むように点在している裔神八社のことである。
(ここまで)
味もそっけもない先生のお言葉ではもうひとつなので、
「神社と古事記」というサイトが見て楽しそうなのであとでご覧ください。

生活リズムの再構築中のために、午後の2時間から3時間を「近く」にいく時間に設定しています。
きょうはいわゆる「お休み」ということで朝からポタリングと称して、おむすびを3個持って、どこまでと決めず西に向かって走り出しました。
本当は朝8時ぐらいに出るつもりでしたが、まあいろいろあって9時半のスタート。
何時までにどこに、との制限もないのですが、ダラダラではなくせっせと走ってみました。

平均時速は20キロ/hを越えているのですが、公道をまじめに走るのでそれほどの数字になりません。
西へ西へ、1時間。
いちどしんどくなるこの時間帯に、住吉川のだらりと長い上りにかかるのは結構きついものです。

このサイトも始めは「歩いて」いってました。2014年春からはバイクを手に入れたのをいいことに、すぐに出かけるようになったように思います。
目的地があってもなくても、走るよりもうろつくのが主になることを「ポタリング」というらしいと最近知りました。
もう少し年齢が上がれば「徘徊」なんて言い方も良かったりする。でも徘徊は無目的ではないと、案外知られていないのでまた違います。

で、このポタリング、実は密かに流行っているというので、嬉しくなってきます。

新西宮ヨットハーバーで行事があるよと、「西宮流」さんがFBにあげてきたのをみて、出かけてみました。ヨットの試乗、展示販売、ついでに高級外車も展示販売というお高い3日間です。
試乗しなくても、見物だけでも良さそうなので、走っていきますと、これがなかなか。
新西宮ヨットハーバーは、堀江謙一さんが2004~2005年にかけて「単独無寄港世界一周」に使われた「SUNTORYマーメイド号」が展示されています。(右の写真)

有名な「太平洋ひとりぼっち」の航海は1962年、西宮マリーナ(西宮市西波止町1-2)から出航しました。なんでも当時ヨットでの出国は認められていなくて、「密出国」扱い。ゴールのサンフランシスコ到着したとき市長は「コロンブスもパスポートを省略した」と上陸をみとめ名誉市民として1か月滞在を許可したとか。(出典:wikipedia)

堀江さんのことはともかく、湾岸を開発するぞとなったとき、当初は石油コンビナートを計画されていたと言います。市民は反対し、浜辺を残したりマリーナとしたということです。


4月に入って今日か明日か、やきもきした桜は満開、もう明日は花散らし、どころか春の嵐の予報です。

SNSでも各地からどっさりの桜の話題が満開です。

気が済んだ、のかもしれません。でわでわ、次に行ってみようと思ったので飛行機を眺めに行きました。


人間がさんざんにつくりかえた風景にあっても、氏神様の場所は、狭くて申し訳なくとも、時代によってちょっと場所がえを頼んでも、やっぱり「そこにある」のが喜ばしいなと思います。
神様としてはさぞかし狭く、空気もよごれ、だいたいから「うるさいよ」と嘆いていることでしょう。
それどころか、手水なんセンサー式になっちゃっているではありませんか!いいのかなぁ。
ま、車いすのためにバリアフリーの施された様子と、どこがかわるか、悪いことでもないと思うのは信心が足りない証拠かも、なんて思ってしまいます。

気にしなければ気が付かないのですが、この辺りは素戔嗚神社がたくさんあります。犯人はどうやらお館様こと織田信長さんだったようですよ。
この辺りになぜか多い「素盞嗚神社」

阪神電車本線武庫川駅のすぐ近くに、尼崎で一番大きなクスノキをお祀りした楠霊神社(なんれいじんじゃ)があります。
樹齢は200年、樹高17メートル、幹周り5.6メートル。100年ほど前の洪水の際、この楠にのぼって難を逃れたのがお祀りのはじめ。
時は流れて、土地の神様がたの御座所はお移りいただいたり、おそれおおくも場所を譲っていただいて人の住まいにさせて貰ったりしています。
このように狭い場所で我慢していただいている神様は、それでもそばにいてくださっているでしょうか。
そばにいてくださることを嬉しくおもい、一緒にいられるように人間は知恵を出し続けていかなくてはなりません。

当地は、縄文時代はまだ海のしたでした。弥生時代(2000年ぐらい前)にようやく阪急からJRのあたりまで海岸線が南下したのが分かっています。4世紀後半から5世紀末にかけての古墳も発掘されています。(出典:尼崎市立地域研究資料館web版)
しかしこのクスノキの所在地あたりが今のように陸地になるには、まだ時代が下ります。

なので尼崎で一番大きなクスノキですが、古くからずっと陸地であった場所ではないので、1500年とかの樹齢のものは生えていないのです。
樹齢の長短と、人々の信心と、あまり比較するようなものではありません。
感謝を込めてお祀りし続けていくことでしょう。ごめんないね、狭くて。

3月からムショクとなり、近く行き放題の私なのですがやはりまだ収入がナシという訳にはいきません。
只今研修中でまったくの宛なしということではありませんが、入金まではまだしばらく耐乏生活ということでネットでバイトを少々やってみようかと画策してみました。
記事をかいて1本○○円、初心者でも簡単にできます。私の心をくすぐるキャッチに、あっさりキャッチされました。
新聞社系のサイトに出ている、いわゆるニュース・記名文章はともかく、間に挟まるコラムとか、○○情報、小ネタについて記名のない文章は素人の私のようなものが1本500円とかでせっせと製造していたということが分かりました。
素人が、1本いくらで、というのはともかく、驚いたことは次の点でした。
○○を試してみた、とか、○○駅情報、車乗り心地情報、サービスエリア情報、などなど、
①これらの多くは実際に試したり、現場に出かけて取材したり、「したものばかりとは、限らない」。
②記事の内容は、書いた人のオリジナルばかりとは「かぎらない」
③出典:の明記はさすがにあるが、画像の利用もネットのどこかから拾ってきたものがもう、ほとんど。
もっと考えたのは、そういうネタを、そうとも知らず、ふむふむと参考にしている自分てどうよ、ということでした。
割り切ってネット情報ですけどね、と含んで眺めているかどうか?です。ボーダーレス、の気持ち悪さを今頃ですが感じた次第です。気が付かないですもん。
④なるほど、だからこの手の記事は不特定のたくさんの方々が関わっても、元ネタを下敷きに製造?するから文体も一定の「感じ」で納まっているわけだ。
パクリ感を越えた、「映し」に加工してあるわけで、そうなるとある程度「感じ」が統一されて納まる。

興味を引かれるのは、では、最初の最初の文章はどこから出た!?多くの素人ライターのお手本たる文章を見てみたいぞ。

htmlタグをコソコソ打ち込んでいた世代としては、隔世の感もあるが、便利になりすぎるのもしかしなぁ~と気をもんだ体験でした。
勿論、このバイト?は私には無理ですわ。
行ったことも使ったことも、見たこともないモノやコトを、あたかも自分がどうこうしたような、作文を製造するのは、仕事でもゴメンです。

2016/3/22 「近くにいきたい」は基本歩いていくはずですが2015年春に入手したクロスバイクがたいそう活躍しています。もうほとんど自宅から歩いて、というのはしていません。
道順を覚えたので、ヘンなところによく出かけています。
梅田はグランフロント方面なら40分ぐらいで行ける、自転車はヨドバシの駐輪場が便利とかね。
大都会は車で行くのと同じぐらい、自転車置き場に困るとは、行って初めてわかりました。
チャリで来る設定になっていないなんて、日本はまだまだ遅れてるなーと、自分勝手な事ばかり申しています。

さて不思議スポット、靭公園からもう少し下がった大阪府大阪市西区立売堀2にあるのがサムハラ神社です。
元々カタカナなのではなく、Unicodeで表記できないのだからしょうがない。よしんば表記できても、読めない。

SNSで遊んでいた時に、「すごいパワーの指輪が」とかなんとか。まあそれはありがたいことだが、入手は困難を極めると有ったのでまずは「行ってみましょう」といそいそと出かけました。

このお山はレジャーで登るところではないです。明治になってようやく足を踏み入れることを許されるようになった、特別の地で今でも厳しい制限のもとにお参りさせていただく、神様そのもののお山です。
なので、登山ではなく登拝です。入山者の心得をうけて身を清めて望む場所です。
お山の様子はみだりに語ったり、もちろん撮影はNG。草木やら持ち帰りなどもダメです。
とはいえ、往復2時間のお参りなので、実際に準備はいります。
もし知らずにのぞめば、途中で動けなくなることもあると思いました。
・足回りは、まじめな山行の装備。わたしはTimberlandのイエローでした。靴下が薄くて危なかったと思いました。
・補水は必ず。量は500ペットもあれば十分なので持参。
・入山口においてくださっている竹の杖は持って入るべきです。登りよりも下りの際に必要でした。
・荷物はロッカーがあるので置いていく。
・それから、可能であれば雨降りは勿論、前日が雨だったら入山は控えた方が無難です。足もとの危険が増します。

このたび、思うところありお参りに招いていただきました。
こんな私を受け入れれていただけたことに感謝を込めて、お参りに臨む情報を掲載します。

2016/3/25 10:30~12:30のお参りを終えて。

すっかりFBに浮気していましたが、よくよく考えるとあれは告知板です。自分の記録は自分のサイトに落ち着いて編集せねばなりません。
反省したので、また書いていきます。時系列は少しずれてもお許しください・。
では2016/3/29 甲山神呪寺さんから上った甲山のこと。

このサイトを開いてから、よせばいいのに?自宅からてくてく、歩いて本当に歩いて神呪寺まで来るという暴挙を2度3度。
酷く値打ちはあったでしょうが、50歳を迎えてこんな阿呆なことはそろそろ考え直したのと、「甲山に登ってみたい」と願っていたのもあり今回は神呪寺さんまで車を出しました。

平日の昼間なら、駐車場も閑散としたものです。

お昼ごろに到着して、神呪寺さんの境内横っちょから山頂を目指すこと15分。

無事に到着しました。

標高は309.2メートルお椀の形のお山です。
頂上は平坦な広場になっています。特に変わったところがなさげに思われる山頂ですが、発掘で銅矛が出たとかで、むかし昔はこんなにイージーに近寄れない、神様の御座だったと感じます。
六甲山系にあって、なぜか、輝石安山岩で成り立っている。ほかの山々は御影石。学者の研究では、成りたちは奈良の畝傍山、耳成山に同じだということです。神様のお山ですね。先週にお参りした三輪山も、周辺の組成と異なることで知られていて、やっぱり神様のお山です。

このアーカイブについて

このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。