2013年12月アーカイブ

 11月の下旬に大きな仕事を抱えており、今年の「近くにいきたい」は10月の下旬シーズンインの予定がすっかり遅くなりました。
ようやく仕事を終えたので、師走の風にも負けず、ちょこちょこでも出かけています。

本日の工程は十三の第七劇場への行きかえりルートの予定でした。
しかし!寒くてぐずぐずしているうちに、時間が押してしまい、行きは少しも歩かず。
駅の駐輪場代金150円もつかう羽目になりました。
実質の時間で言えば、塚本から歩くのも、阪急を使うのも変わらない感じでしたが今回の「あるき」は帰りの淀川大橋経由ぶんで終わりました。

第七劇場では、「ある精肉店のはなし」をようやく鑑賞してきました。

作品の感想や考察はまたの機会として、このブログでは「あるき」を中心にします。

じつは今回ちょっとした事件、というか、恥ずかしいことがあったので書き留めておきます。

普通~なふりをして、その辺を歩いているわけですから普通なことも起こるのです。恥ずかしいのですが当たり前のそのことです。

春のグランフロント開業頃、ナナゲイからの戻りに阪急十三駅前から梅田のビル群が見えたときに、歩いてみたことはこのブログにも記録してあります。

なのでルート的には一度歩いたことのあるものでした。

今回は、十三大橋を渡りきったあたりで生理現象に襲われてしまいました。

ウム困った。

今朝は寝坊していたので、ルーチンなご用事をいっこ飛ばしていました。

そこに持ってきて、さすがに寒いのでサンマルクカフェでやみつきセットをいただいて、気分よく運動を開始したのですからさあ大変。

いや、ヤバかったです。

グランフロントまで行けるかな?無理無理、そんなの絶対無理。でも落ち着いて!

お産よろしく、いき身を逃しながら、済生会中津病院正面玄関を「何事もないかのように」入っていくとレストルーム直行、事なきを得ました。いやいや、よかったです。グランフロント開業日に梅ぐるバスで周回したので、距離感があったのも幸いでした。

レストルーム分布の把握は「あるき」に限らず大事ですね。コンビニとか駅とかに加えて、ちょっと大きめの病院も使えます。大きい病院は日祝も玄関は空いてます。本当にありがとうございました。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。