2013年8月アーカイブ

適塾

| コメント(0) | トラックバック(0)

130810-140315.jpgなんとか一度行きたいと念じておりますと、行けるものです。求めることは与えられることだわ。
とはいえ、なんでまた8月のこの時期の、それも昼から大阪市内を「歩いて」おるのかと思いますが本日は「あたり」でした。風が実に気持ち良かったですよ。
適塾について多くの説明はいらないと思われます。緒方洪庵が開き、大阪大学医学部のもととなった塾です。
大阪市の中心にありながら、第2次大戦の空襲にも焼かれず当時の様子を残す貴重な木造建造物です。
いちど解体修復などをされて、ひろく一般に公開されています。
おとな250円学生130円の入場料で、生徒(中学、小学生)は引率者同伴で参観可能、無料です。
適塾の周辺には、ほかにも除痘館跡地のレリーフのある緒方ビル、懐徳堂の跡を示す碑、大阪でもっとも早く開設された愛珠幼稚園(これは木造で何とか見学したい、でも現役なので保護者ぐらいしか入れなさそう)と、歴史的な地域が広がります。道修町は薬の町ですね。

建物は玄関を入るとふすまの方向に「受付」と矢印が向いています。
むう~、あけると本当に受け付けでした。
館内は資料館なので、基本撮影禁止です。荷物はロッカーに預けて順路を進みました。
日本建築なので、当然畳です。
緒方先生の書斎では、入口付近にそっと座ってみました。
アア歴史を感じます。

130810-140402.jpg順路を廻ると、実に風が涼しく私好みでうれしかったです。
しかしあの時代、まだ網戸が完備しておりませんので蚊に喰われました。
真昼間の街中で、アアかゆい。窓を全開にしておるのですから、蟲のこないアレを吊っといてくれないかな~~。

昔の日本建築の、2階への階段はすごい傾斜ですよね。みのりちゃんの家の比ではございません。
そぉ~っと上ったのですが、これは、降りる時も同じ角度かと暗い気持ちになりました。

やっぱり「人生50年」の暮らしぶりだと、思いましたよ。
間違えても70,80足元の弱った人向けではありませんからね。

歴史ある建物を訪ねると、考えさせられることが多いです。

2013-08-05-02.jpgグランフロントが開いた時から「世界一展」の目玉だと、初音ミクの名前が出ていました。

このたびついに、ナレッジシアターで初音ミクなるものを見てしまいました。

ボーカロイドについて、私はボーカリストなものですから割と否定的なスタンスを取っております。

しかし、これはまた別物の「初音ミク」です。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。