2013年6月アーカイブ

130630-080628.jpgとまあ、そういうことで?試合会場の国立代々木体育館(第1)です。
ご存知の通り、1964年東京オリンピックの会場として建設された、非常に美しいデザインの体育館です。
国立代々木体育館
じつはこの日、実家の母親も「おいでよ」と誘っていまして。
関西空港の始発に乗ってタクシーを飛ばせば楽勝で9時に到着できるのです。
公共の乗り物で、和歌山市の自宅から6時半の便には届きませんが母はですねぇ、車を運転するので早起きしてやってきました。
私が羽田まで迎えに行こうか考えたのですが、MKタクシーさんの定額を利用することで「ひとりで」来ることができました。

130629-234800.jpg仕事終わりに飛行機で上京。
近いといえば近いです。多分飛行場が近いのね。
とりあえず、ビールです。
画像がうまく上がらないので、テキストにて。
渋谷ドーミーイン LANから

Nexus7からあげたかったのですが、画像がうまくできませんでしたので追加です。

しかし、便利になったものですね。ネットでチケットと宿をとって自宅のプリンタで出力したQCコードで保安まで通れるんですよ。
最初にこんなシステムを仕上げた人はやはり、えらいと思います。

じつは何をしに東京かと申しますと、娘が全日本選手権に出場するので応援なの。

「飛行機がとおる横断歩道」があったのを思い出して、伊丹空港まで歩いてみました。
Google map先生によると家から11キロだそうです。
平坦な道なので楽勝モードですが、気温が上昇して陽射しがきつくなっているのでどうかなと思いつつ出発。

130604-125907.jpg 伊丹のプラネタリウムがある「こども文化科学館」があるとおりにある横断歩道がそうです。
飛行場の滑走路下をくぐっていく交差点方面をぼーと見ていると、ラディングしてきた飛行機が横切る。
これがまるで、横断歩道を渡っていくように見えて、知らないとびっくりするという寸法です。
当地に引っ越してきてまもなく、子たちを連れて「こども文化科学館」を訪ねた帰り。
バスを待っていますと、「いきなり!」出た次第。
きょうは昼まえの観察だったこともあり、便数がすいている時間帯らしく、1本通った後カメラを構えてもしばらくやってきてくれませんでした。
朝夕、とか、時間帯を選べば撮影も可能だったかもしれません。
この日も、真相はわかりませんが、私が狙っていたポイントで本格的な機材を持ったご一行が撮影などなさっておりました。
130604-130014.jpg

130604-131706.jpg時は流れて、子たちはすっかり大きくなり、伊丹市は騒音で悩ましい飛行場をネタに素晴らしい観光スポットを作ってしまいました。
伊丹スカイパーク

北側の展望台からの眺めです。まさにテイク・オフの見物にもってこいのスポットです。
ずっと南側の展望なら、滑走路にたたずむ期待を最も近くに見ることができるでしょう。

勿論、飛行場に行けばもっと近くに見えるかもしれませんが、こちら側からのんびり眺めるのもこれまた乙なもんでした。

130604-144931.jpgそういえば、引っ越してきて、下の子が幼稚園とかに行くようになってすぐ、自転車で伊丹空港に行ったことがあります。15年も前のことで若かったのもありますが、地図も詳細でなく、情報収集もしょぼかったのに、よく行ったもんです。育児疲れには自分の時間を持つのが何よりだと、あの頃思ったな~と、この看板を見て思い出しました。

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。