とっても狭~いエリアの桜前線事情

| コメント(0) | トラックバック(0)

130326-122106.jpg関東方面ではすっかり桜が満開だそうです。
高校生の息子が小学校入学のときがそうでした、えらい開花が早くて入学式にはすっかり葉っぱだったので記憶しています。
サテ、入居者様の集団ハライタで明けた3月も気がつけばもう終わろうとしています。
早いです。
時間が音をたててすぎるようで、この頃ちょっと怖いです。
春休みは平日休みも家族がご在宅で、「すきに」出かけることがちょっと難しい時があります。
それでも行先は「近く」なので、お昼ごろからの出発でもいいところに行ってきました。


130326-123317.jpgJR立花北側の、例の桜はありゃ~咲いてしまったか~。休みになるとこの花の下には歌を歌う若い衆が立ちます。さぞや気分のよいことでしょう。
お家から駅まで来て、立花商店街を抜けて北上していますと、アーケード終わりごろにテングサを干してあるのを見つけました。街中でこれはどうよ、と笑ってしまいました。確かに、三和商店街なんかは、アーケード下にもかかわらず、大根を干している漬物屋さんもあるので対抗意識かも知れません。違うよね、うん、たぶん。
立花商店街も久しぶりに歩いたのですが、やっぱり所々店が変わっています。
おいしそうなパン屋さんが増えていたり、通所介護施設になったり、ここでも「時間が音をたてて」流れているのでしょうか。


130326-125101.jpg商店街が終わったら、一筋西の道意線を北上していきます。
桂木の交差点で山幹を渡って気がついたのですが、どうも山幹より先はまだ桜が遠慮がちにしか咲いていない。
この辺りはまだ、桜前線が来ていないのかもしれないな~なんて、あほなことを思いながらさらに歩くとカリカエプール、カリカエ公園が見えてきました。
残念なことに、ここだけ前線が来ている感じがしました(笑)。

tomatsu.jpg
本日の第1目的地は富松城跡です。
お城についてはこちらが詳しいので参考にしてください。バーチャル博物館-富松城歴史博物館

今となっては幹線道路沿いに取り残された草地と言っても不思議がないほどです。しかしここはやはり特別な場所のようです。時間が止まったような印象を受けます。
敷地内にみえた1本だけのサクラは、ほんの1輪2輪、ほころびていました。
まるで、春の訪れをお城に告げているかのようなたたずまいでした。



130326-143349.jpg尼崎には乗馬クラブがございます。友行公園の前に忽然と現れるので、知らずに通りがかる(ようなことはまずない)とお馬の咳払いに驚くことになります。周囲をおうちに囲まれて、なんでまたこんなところにという所在です。
武庫之荘乗馬クラブ
見物しているうちに、馬場に水がまかれて、お馬が足慣らしを始めました。
仁川の阪神競馬場パドックなど、見に行ったことは確かにありますが、春休みの子たちがにぎやかに遊ぶ、普通の公園のお向かい、住宅街で輪のりするお馬、というのは結構非日常な風景だと思いました。
馬房に寄り添うように1本の桜の木。山幹から少し北上した友行公園付近のせいか、この桜もまだ開花には遠かったです。
今日のハイキングは、非日常2か所めぐり、桜前線を感じる道のりでした。距離は5キロ未満で、わずかでしたが、うろうろきょろきょろの多いルートでした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://rocket-port.com/mt/mt-tb.cgi/156

コメントする

このブログ記事について

このページは、mazbaが2013年3月26日 16:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「うろうろのおまけ」です。

次のブログ記事は「もいっかい、神呪寺」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。