2013年1月アーカイブ

先週は出かけたかったのですが、仕事がとっても大変なことになっておりくたびれたので1週間あいた「近くにいきたい」です。
今回は、帰り道を歩くことになりました。
珍しく大学生の娘が「お昼梅田で」と誘ってくれたのです。
梅田阪急がきれいになってから、アタシまだ出かけていない、というのです。
何を買い物するとか目的は特にないのでしょうが、まあいいでしょう。
吹田で一コマだけ講義があるのでお昼に待ち合わせてご飯を食べて、しかる後に娘は再び豊中キャンパスにサークル遊びをしに行きました。
K0030020.JPG K0030021.JPG
よしよし。
それでは母は帰ることにしよう、ウン歩いてね。
先ごろ天保山に出かけたときは大型車の多い43号線を行きましたので、胸が苦しくなりました。
サテ2号線はどうでしょう?

130115-132446.jpg

実は尼崎には隠れたすごいものが、さりげなく存在する、ディープで不思議で、意外な街です。 尼ロックに10分滞在して、せっかくなのでそのあたりを取材して帰ろうと歩き出しました。 画像は大庄公民館のグリフィンです。

大庄公民館

村野藤吾といえば、大阪ダイビル本館だってデザイン、設計したような有名人です。
「大庄村役場」として建てられたのが、この公民館です。
裕福な村であったらしく、ビックネームの建築家を起用したのでしょうね。尼崎おそるべし、です。

130115-114301.jpg

尼崎に住みついて15年になろうかというのに、尼崎閘門を実際見たことがなく、五合橋から行っても近づけないなんてことも知らず。 かなり結構悔しく恥ずかしいものです。 子たちは小学校の社会科見学などで「行ってきた」とか、そういえば言うておりました。 私たちの世代では、「阪神工業地帯」「ゼロメートル地帯」がこのあたりのキーワードで理解したものです。 ということで、年の瀬にがっかりしたのをリベンジしてきました。 今度は道意線を南下することしばし。阪神高速湾岸線の末広町のりばを目指して黙々と歩きます。

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。