2012年9月アーカイブ

いろいろな方面の専門家が指摘してますが、歩くことは体に良いし精神に良いですね。
私はものを書くことに興味があるのですが、歩くことで、文章がでてくるなと感じます。

足の裏には、そういったツボがあるのかもしれませんね。

いまはモバイルが飛躍的に進化したので、歩きながら見かけたいろんな物事を、その場で感じたままに画像を付けて発信できます。これは本当に福音と言えます。
別に締切に追われているわけでもないし、誰に伝えるというのではありませんがこのスピード感、鮮度はある種興奮を覚えます。自分が体を動かして見つけたものごとを、鮮度もそのままで、もしかしたら類似の興味関心を抱いている人の目に留まったりするかもしれない。そう思うときょろきょろしながら、歩き回ってしまいます。

おじいちゃんのことや、じぶんの楽しみとか、理屈は申しますが本当はですね。
体のために歩くのです。
通勤は自転車で5分、職種は何でも屋といっても基本は事務。
8時間勤務のあとにトレーニングをするのは簡単ではございません。
休日に外出しても、せいぜい目的がしっかりした買い物。
そんなことでは日に日に体がなまってしまいます。
太ります、筋力が落ちます。
何より、休みに家事をしても2時間がせいぜいです。それ以上やるとハラ立ってきます。
「なんで休みなのに家の事ばっかりせなアカンの、私ばっかり」
なんていう思考回路は不健康のもとです。
だいいち、2時間程度本気を出したら始末のつくレベルの家事しかしません。
なので、終了後何をするて、「休みだから休もう」なんて言い訳で、ゴロゴロするだけ。
結局だらけた生活をすると、ロクなことは考えないし体は余計にダルクなります。

かといって、毎回、費用をかけて観光地に拝観料を払うのも実際続きません。

毎週梅田に出かけて、まあ、楽しいですけど、あれはたまに行くから面白い、非日常なのです。
どうせ華やかな雰囲気で、不要な買い物をして後悔して帰ってきて、ちーとも「疲れが取れない」休日になってしまいます。

ということで、じぶんの体のために、歩いてみることにしました。

私が歩く理由

| コメント(0) | トラックバック(0)

多分、母方の祖父の影響が大です。
祖父は多趣味な人でしたが、その中に「歩く」ことが混じっていました。
和歌山県主催の「テクコロジー」というのに参加していました。
始めは友人のおじさんと行っておりましたが、いつの間にか、小学生だった孫の私を連れて行ってくれました。
テクコロジーは、地域の文化財を巡って歩く行事で、10キロ程度の道を行きます。
年に数回開催され、参加するとシールをもらえる。枚数集まると、バッジと交換となりました。和歌山のあちこちを歩いて、有名な神社仏閣などを巡るのです。そちら方面への興味関心を示していた私は恰好の同伴者としてご指名の名誉をいただいた次第です。
たくさん孫のいたおじいちゃんでしたが、上から3番目の私は「好きにできる外孫」だったのです。
伯母と叔母はそれぞれ長男に嫁ぎ、同居の息子の子はそれなりに遠慮があるのでね。今ならよくわかります。

今日も歩きながら、おじいちゃんのことを思い出しました。
退職後の趣味として、「歩くこと」と「走ること」は、健脚さえあればいつでもどこでも楽しめる。決して貧しかったわけではありませんが、わざわざ贅沢を選ぶ人でもありませんでした。

おじいちゃんのマネをするわけでもないですが、いわゆる子育てを終わって、休日を自分だけで過ごせるようになったとき、「これはよいかも」と歩き始めたわけです。行きたいところもかなり結構ありましたのでね。

尼崎に引っ越してきてなんということでしょう、もう15年もここで暮らしています。
3歳の誕生日を迎えたばかりだった、可愛かった息子も、あんなことになってしまいまして。
「おうちに帰りたい」と泣いた娘なんか、トンデモないことになっちまいました。
とはいえ、ええ歳していつまでもママと一緒というのも恐ろしいことでして、標準的に親離れしてくれておると思えばありがたいとも言えます。
子たちが小さかった頃は、一人または二人を連れて、生活協同組合の行事にせっせと出かけたものでした。
楽しかったし、その時しかできない特権的な楽しみでよかったです。
しかし相当の制限があった中での、時間との闘いのような楽しみであったことも事実です。
それはすなわち、子育ての本質だと、私は思っています。
子供をもつというのは、じぶんのなかのかなりのことを犠牲にすることでもあると思いました。
変わらず楽しんでいる人もいますが、うちの場合は明らかに変わりましたし、その時できる最大のことをしたつもりなので後悔はありません。
そんな時間を過ごして、いま誰もついてきてくれない~~と、泣いているわけではなく。
ようやく今年、ずっと考えていたことを静かに実行に移し始めたのです。
休みのたびに、かなり安価に、いろいろな場所に、歩いて出かけることです。
このブログは出かけた先のことや、感想、などなどを記録しています。

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。